アメリカでの車売却

アメリカでの車売却

去年まで、主人の仕事の関係でアメリカのカリフォルニアに住んでいました。アメリカはなんと言っても車社会です。カリフォルニアでは車がないと生活するのが本当に困難になるため、主人と私と1台ずつ車を使ってました。私がメインで乗っていたのが、以前はにほんでも売られていたオペルのアストラです。アメリカではサターンブランドのアストラとして売られていました。コンパクトで燃費もアメリカの車にしては悪くないほうだったので気に入っていました。主人が乗っていたのがグランドチェロキーの中古車です。年代も1996年ころの相当古いものですが、どうにか走ってくれていました。

主人の転勤先が日本になり、車を処分することになったのですが、このグランドチェロキー、売却直前にしておかしくなりとうとうエンジンがかからなくなってしまいました。

こちら

1996年物のエンジンがかからない車など、どこでも引き取ってもらえないと思われがちですが、アメリカではジャンクヤードが買い取ってくれるのです。こんなスクラップ寸前の車を450ドルで引き取ってもらえたのには感激でした。

そして、アストラのほうはというと、15000ドルで購入した新車で、3年半ほど乗ったのですが、7500ドルほどで引き取ってもらえました。アメリカでは中古車の値段が日本に比べ物にならないほど高いので、引き取り価格も日本より高めかと思われます。この、2台の車売却によってでた利益で日本に来ても安い中古車を購入することができました。

こちら

日本の中古車の安さには本当に驚きです。

車検納品の日に追突事故

先日、車検でした。

いつもお願いするカーショップに代車を出してもらい、1日でもどってくるはずだったのに夕方電話がかかり、約束の時間に間に合わせようと出発したところ、信号待ちで追突されてしまったというのです。

翌日、相手方の保険会社から電話があり、「申し訳ありません。レンタカーの代車を用意しましたので」ということで

車検にお願いした時のカーショップの方が代わりの車を持ってきました。

事故の写真を見せてもらいましたが、後部ナンバープレートとバンパーがへこんでいて、ナンバープレートのやりかえに役所に届けなくてはならないとかで少し時間がかかるとのことでした。

こちら



それから2週間後に息子の試合で遠方に2往復することになっていましたが、それまでには戻ってくるだろうとあまり心配していませんでした。でもその後まったく連絡がないのでカーショップの担当の方に聞くと間に合わないと言われました。同じ車種の車を借りていたのにあまりに振動が激しく乗り心地が悪かったので、高速は不安と思い、違う車に代えてもらいました。

でも、私は障害登録をしていてETCがいつでも半額なのですが、それは車が違うと対象になりません。

それくらいは保険で補償されるのではないかと思ったのですが、3日前ようやく車がもどってきましたが、いっこうに保険会社からの連絡はありません。

カーショップの方に言わせると保険は運転者と相手方になるのでと言われましたが、損害を被っているのは自分なのに納得がいきません。

こちら

せめて半額になるはずだった料金の差額だけでも支払ってもらいたいのですが、保険会社とまだ話がついていません。

自分が運転していれば損害の対象になるのに、運転者が違ったらまったく保障されないというのはおかしいのではないかと思います。保険会社の話によれば、新車で半年以内であれば査定によって保障があるそうです。半年を1日でも過ぎたら駄目なのでしょうか?まったくおかしな話です。

いつも信頼しているカーショップで、そちらも被害者なのですが一生懸命謝ってくれます。相手方と話ができないにしてもせめて、保険会社の保障はこういう場合を想定しても作られていていいと思うのですが、これは仕方のないことなのでしょうか。


こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>