ふんだり蹴ったりだった車

ふんだり蹴ったりだった車

私は大学生の頃から車にのりはじめました。その車は中古で、かつ非常に安い車だったので、社会人になってすぐに自分が欲しかったRV系の新車を購入しました。私はスキーを趣味としているため、四駆が欲しかったのです。しかしフルタイム四駆だと、燃費がわるいという事で、二駆と四駆の切り替え可能なパートタイム四駆にしました。そして何度かその車でスキーに行きました。

しかし車体が大きく重い為、スタッドレスを四輪にはいても、滑るところは結構滑りました。不運にも、大雪の際に山梨に行った時には、路面が凍結して、四駆モードに切り替えてもつるつる滑ったのを覚えています。前の車は車体が軽かった為、二駆でもあまり滑らなかったのにと、この頃から不満が出始めました。

それからは調子が悪い事が続き、例えばタイヤが極端にすり減ったり、窓があかなくなったり、極めつけは、滅多に壊れないとされている、ダイナモがいかれてしまい、運転している途中に車がとまってしまうという、かなり危険な状態に陥ったこともあります。

こちら

修理代も結構かかり、なんだよこの車!と殴りたくなったのをとっさにおさえました。手が痛いだろうし、何よりボディがへこんで、また余計な修理代がかかってしまうと思ったのです。

さらにはこれは車のせいではないかもしれませんが、はじめての事故をしたのもこの車でした。私にとってはいい思い入れがないにも関わらず、次の新しい車を購入し、下取りに出す際に、どことなく寂しい感じがしました。文句をいいながらも、この車に愛着を抱いていたのでしょう。出来の悪い子ほど可愛いとは、まさにこの事を言うのだろうなと考えながらも、気がつけばその車の事は綺麗さっぱり忘れて、新しい車にワクワクしていました。

こちら

車の扱いがうまくなりたい

静電気夫婦です。

いつも、車に乗る時にバチッとくるんですよね。

特に冬場なんて、ビクビクしながらドアを開けます。静電気が怖いので、手を袖に隠した状態で開けるなんてこともあります。閉めるときはお尻でバタンとかも(笑)

静電気防止用のリストバンドとかも売ってますが、邪魔ですよね。

しかし、この間いい解決方法を知りました。

車から降りる前に、車体の金属部分を手で触るといいようです。

静電気が手から車体へ放電するため、静電気によってバチッとなることがなくなるようです。

これで、車に乗るのが嫌じゃなくなりますね(笑)

そして、この冬の時期に問題になるのは、フロントガラスの氷や霜。

こちら



私や旦那は、お湯をかけたりしていましたが、これ、ダメなようです。

冷えきったガラスにお湯をかけると急激な温度変化でガラスが割れることがあるようです。

そして、また外気で冷やされて凍る。

正しい対処方法は、凍結防止のカバーをかけたり、解氷スプレーをかけておくこと。

そして、一番びっくりなのは、前日に酢をかけておくと凍らないらしいです。

道路みたいに塩蒔いちゃダメなんですね。

実は私、ペーパ歴8年で、1年半くらい前から少しずつ車を運転するようになったんです。

自動車学校で、あまりの運転向いてなさに愕然とし、無事卒業はできたんですが、車なんて一生乗るもんかと思っていました。

こちら



むしろ、自粛してましたね、運転を。ですが、子供が生まれると、そうも言ってられなくなって、しぶしぶ乗るようになったんですが、車の扱い方も乗り方も、すっかり忘れていました。

未だに、フロントのワイパーを動かそうとして、何故か後ろのワイパーが動くことがあるし、しかも止め方がわからない(笑)

こんな人間が車を運転してるかと思うとゾッとしますね。しかも赤ん坊乗せて。

フロントガラスについた霜を取ろうと、ウォッシャー液を出しながらワイパー動かしていたら、旦那にそんなことしてると、ワイパー痛むよと言われました。車初心者なんて、こんなこと繰り返しながら車の扱いがうまくなっていくんですよね。

自分専用の車があってよかったです。旦那の車で色々とミス犯したら、グチグチ言われそうなので。

これからも奮闘していきます!

東京 車売る
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>