過払い金の返還への道

過払い金の返還への道

最近、過払い金の請求に興味があります。

なぜかというと、当然ながら借金があるからです。しかもかれこれ10年くらいの付き合いとなる会社が3社くらいあるからです。その他2社は7年ほどかけて完済しています。

簡単にいえば、借金を返済するのにかなりの苦労を要し、日々の生活も楽しくない。こんな生活から早く抜け出して、過払いした分を返還してもらいたいと考えているからです。

実際に、過払いした分がどのくらいとなるかはわかりませんが、10年以上支払いが続いている場合、数10万円を請求して、実際に返還された事例は多くあるようです。

ただ、まだ残際がある内に、過払い金の請求をしてしまうと、その際に、他のカードが停止したり、クレジットカードが作れなくなる/利用停止になるということを聞いたことがあります。

こちら



一番の安全策は全てを完済したうえで、弁護士等をとおして、借り入れた会社に請求すること方法がいいようです。

自分だけでやろうとすると、会社相手なので、うまくとりあってもらえない可能性も多いようなので、やはり力のある見方(弁護士)には必ずお願いするべきでしょうね。

ただ、完全に任せって切りとうのも問題かと思います。自分がやることなので多少の知識はあった方がいいと思いますし、また、おなじようなことにならないためにも、自分でも勉強が必要になるでしょうね。

こちら



私も、早く全ての借金を返済して、過払い金の請求をしてみたいと考えております。それまでは、情報収集、勉強をして、過払い分を取り戻せるよう努力したいものです。

会社に勤めているうちにサラ金のカードを作っておきましょう

毎日満員電車に揺られながら、出勤しているサラリーマンの方、会社に勤めているうちにサラ金のカードを1枚は作っておきましょう。会社員の信用というのはとても高く、同じ収入でもフリーランスとは雲泥の差があります。

こちら



私も、会社員時代に作ったカードを今でも利用させて頂いております。フリーランスになり収入が激減している状態のため、急な支出があると、借り入れでお世話になっています。今から新規でお申し込みをするとなると、審査が厳しく大変ですが、会社員時代からの付き合いがあるため、少々借入額は減りましたが問題なく使用出来ています。

初めての申し込みの場合は、相当な信用があっても多くの借り入れをすることは難しいです。そのためもし今必要なくても、もしもの時のために1枚は最低必要だと思います。

申し込みはインターネットから簡単に行うことが出来ます。会社の在籍確認で会社に電話が一度入りますが、それ以外は特に他人に知られることもありません。

こちら

現在は多くの方がサラ金を利用しているほど一般的になっているので、回りの人に気を使うような心配もそんなにありません。

申し込みが完了したら、カードは大事に保管しておいてくれれば問題ありません。特に年会費がかかることもありませんので、必要になる時まで使わないようにしましょう。

最近ではサラ金のイメージもかなり良くなってきています。スタッフの対応を見ると、他の企業のスタッフよりも丁寧に対応するほどです。何かわからない事があればこちらが理解するまで丁寧に説明もしてくれますので、遠慮なく電話で確認しましょう。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>