即日融資のできる消費者金融

即日融資のできるサラ金

サラ金というのは銀行と違って、無担保・無保証人でスムーズな融資を行うことが大きな武器となっており、「即日融資」はその最大の特徴と言えます。そのサービスの一環として、最近行われているインターネットを利用した申込に対する即日融資が、業者間における差別化につながっています。

もともと、『今すぐ、手元にお金が欲しい』からサラ金を利用するのであって、即日融資への対応の差によって、利用価値が大幅に変わってきます。従って、サラ金を選択する場合は、まず即日融資に関する対応を調べる必要があります。

また、サラ金の中には、最初から振込融資に対応している会社もあれば、カード発行を終えた後での融資となる業者もあります。

こちら

そのため、始めから振込融資に対応している業者なら問題がありませんが、カード発行が必要な業者の場合は、店舗か無人契約機に行ってカードを発行してもらわなければなりません。

なお、即日融資の場合でも当然、規定書類の提出は必要です。以前は、急いでいる場合はFAXで送る方法が一般的でしたが、最近ではメールに添付した送信でも受け付けてくれるサラ金があります。ケータイやスマホで証明書を撮影し、そのまま指定されたメールアドレスに送信すれば契約が終了します。

このメール送信を受け付けていないサラ金もあるので確認の必要はあります。

こちら

当然、メールでの受け付けを行っているサラ金の方が即日融資が確実になりますし、面倒が要りません。

プロミスの無人契約機でお金を借りた

僕は大学卒業後、就職活動をしましたが、氷河期時代ということもありなかなか就職できませんでした。

受けても受けても、落ちてしまいますので、いやになり就職はとりあえずあきらめました。

とりあえずやることもなかったのでニートのような生活を少しの期間続けていたのですが、

たまたま高校生の頃バイトしてたスーパーに出かけたとき、店長と再会しました。

当時店長だった方はまだ店長をやっていたみたいでした。

こちら



いまは何してるんですか?と聞かれて、とまどいながらも無職であることを打ち明けました。

すると、そういうことならまたバイトしてみないかと誘われました。

少し迷ったのですが、せっかく誘っていただいたのですから、働かしてもらうことにしました。

昔バイトしてた感覚はまだ残っていましたので、すぐにアルバイトに慣れることができました。

そうしてアルバイト生活は特にトラブルに巻き込まれることもなく無難に働いていけることができました。

そして1年ほど働いていたある休日の日インターネットしていましたら、ものすごくかっこいいバイクを見つけました。

こちら



そのバイクは30万円位するらしく、いま手持ちのお金では少し足りないので翌月の給料入ったら買おうと思っていました。

しかしバイト中もそのバイクのことばかり頭によぎり、やっぱりすぐほしいなと思うようになりました。

サラ金でお金をすこし借りて、バイクを買うことに決めました。

近所に、プロミスの無人契約機があり、判子や身分証明書などをそろえていきました。

アルバイトの身分ですが、少しならお金が借りることができたので、バイクを買うのに足りない額だけお金を借りることにしました。

無事バイクも買えてスーパーのアルバイトにも集中して仕事できるようになり、プロミスでお金を借りれて本当に助かりました。

初めてカードローン
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>