自分で消費者金融を訴える

自分でサラ金を訴える

今もサラ金や信販会社に5年以上返済をしている人や既に完済した人などは、過払金が発生している可能性があります。過払金とはサラ金などに支払いすぎた利息のことです。借入期間が5年以上で金利が18%を超えている人は過払金が発生している可能性があります。そして資料をもとに引き直し計算をします。この引き直し計算をすることで、払いすぎた利息や債務の残高を把握することができます。

そこで過払金の返還訴訟をすることになりますが、全部自分ひとりで行うことができます。まず下準備として、訴える予定の会社の登記事項証明書(=代表者事項証明書)を取ります。訴える相手の会社と代表者を確定します。

こちら

この証明書は訴状を提出する際に必ず必要になります。法務局で取得します。700円の手数料が必要です。勝訴判決後の訴訟費用としてサラ金側に請求できます。

訴状の作成ですが、ネットでひな形を幾つも見つけることができます。書き方は裁判所で教えてくれますから相談に行きましょう。訴訟額によって収入印紙を用意します。訴訟額の1/100程度見当で用意します。更に予備納入郵便切手を納めます。原告は訴える人です。被告はサラ金会社です。例えば3社あれば、一件一件訴訟しなくていいようにまとめて書くようにします。

訴訟のポイントは、利息制限法以上の金利で借りていて、過払金が発生していることを証明します。

こちら

5〜6%の遅延損害金も併せて請求します。サラ金業者とは安易に和解しないことです。過払金、遅延損害金、訴訟費用の全てを勝ち取ります。また落としどころを考えておくことも必要です。

パートやアルバイト、主婦でも借りれるサラ金

どうせ私は正社員じゃないからキャッシングなんて出来ない。

っと諦めてしまっていませんか?

あなたが例えパートやアルバイト、主婦であってもサラ金はキャッシングできるのです。

例えばサラ金大手のアイフルの場合、

インターネットを使ってご融資可能かをたったの1秒診断というシステムがあります。

こちら



簡易的な項目を選ぶだけですので、まずこちらを利用してみてください。

キャッシングが出来るのかをチェックすることが出来ますよ。

これまでパートやアルバイト勤務の場合はなかなかキャッシングとは縁遠いというイメージでしたが、

近年はサラ金の場合であれば多くの業者で審査に通っている実績があります。

定期的な収入さえあれば問題ありませんので、ぜひ一度審査をしてみてはいかがでしょうか?

女性の方の場合は、アイフルならば女性専用のレディースアイフルというプランがあり、

女性専用のフリーダイヤルでは女性が対応してくれますので、

安心してお電話することが出来ます。

こちら



そしてサラ金の大きな魅力がキャッシングしたいときにすぐ対応してくれるという点です。

最短30分で審査完了、そして即日融資が出来ますので困ったときにその日のうちにお金を手に出来ます。

24時間、いつでもどこでもスマートフォンやパソコンからお申し込みできますので、

お一人で悩んでいるよりまずは相談してみると良いでしょう。

パートやアルバイト、主婦でもサラ金はあなたの味方になってくれますよ。

もちろんご利用は計画的にしましょうね。

クレジットカード 即日発行
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>